プロフィール

おかねこ まお

Author:おかねこ まお
閉鎖した”どぶろぐ村”から疎開してきました。

小さなサムネイルはクリックすると、少し大きな写真が表示されます。

※過去ログ保管庫


【管理画面】



雨雲の動き
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--(--) --:-- |
ラーメン激戦区神保町に1月にひっそりオープンしたお店。
裏通りかつ、通りからちょいと引っ込んだビルと、店の立地条件としては最悪に近く、以前にこちらで経営していた焼肉屋はいっつも閑古鳥で……(略)

字面から絶対に「みそら」だと思ってたら「びくう」でした(^^;。てっきり美空ひばりのファンだとw
110408A1.jpg

表からは、どんな系統かは全く不明。
入店するとすぐに券売機。普通のらーめん生姜らーめんがベースで後はトッピングの違いのみ。普通盛りと大盛りが同じ料金でした。

注文したのは、味玉らーめん
110408A2.jpg


麺は、やや太めの平打ち縮れ麺。スープがよく絡んで歯ごたえも良く、美味しいです。
そいえば、店主の麺の湯切りポーズ… 声は出さないけど、一歩足を踏み出して全身で勢い込めて、じゃっと湯切りするのは、『麺屋武蔵』だったかな?

スープは、優しい醤油系。鶏ダシと後味に魚粉みたいな。味付けはちょっと物足りないような気もするけど、最後まで飲みきっても飽きたり、もたれたり、ノドが乾いた感がしない、毎日でも食べられるちょうど良さでまとまってます。

具は、海苔、メンマ、チャーシュー、きざみ白ネギに、トッピングの味玉。
この味玉。ほどよい塩味で非常に美味! 半熟具合も絶妙で味玉ファンには堪らない(^o^)
ちょっと残念だったのがチャーシュー。見た目はキレイなんだけど、薄切りベーコンかと思うくらいペラッペラ。ちょっとがっかりです。

全体としては、若者よりも、少し年齢層上の方々向けのらーめんかな、という印象でした。
お薦めの生姜らーめんは、基本のらーめんにこれでもかと、おろし生姜がトッピングされたもの。よほどの生姜好きでないと、スープの味が分からなくなるだけなんじゃないかと思ってみたりなんだり(^^;。


店内はL字型の10席ほどのカウンターと、待ち客のためのパイプ椅子3個。
切り盛りしてるのは、若い店主おひとり。もし、千客万来になったら、絶対にパンクすると思われますが(笑)いつ見ても空いてるので、その心配は無さそう。ただ、これくらいの客の入りで続けていけるかが心配でございます。
 なにしろ、入れ替わりの激しい激戦地ですからねぇ…

スポンサーサイト

2011/04/07(木) 23:36 | コメント:1 | トラックバック:0 |
去年、伊東漁港側のデニーズ跡を改装してオープンした、伊東漁協直営食堂『波魚波(はとば)』
行こう行こうと思いつつも、営業はランチタイムのみ。富戸に潜りに行って、ランチを伊東で食べるってことは無いので、なかなか訪問できませんでした。

が、11日、海が大層大荒れで(^^;潜るのを断念して帰途についたので、ちょうどよい機会と食べに行ってみました。

オープンしてすぐの頃に訪問された方のお話を聞くと、結構てんやわんやで大変(笑)だったとのことですが、さすがに半年近く営業していれば、きっと安心でしょう(^o^)

110211A1.jpg
入口はデニーズそのまま。

その日のメニューが看板に書かれています。
110211A2.jpg
この日は、やっぱた定食と漁師定食が無いらしい。


テーブル上のメニュー。
110211A3.jpg
それぞれのメニューにどの魚が使われているか書いてあるのが親切(^^)b  どれも提供数が限られているので、ランチタイム遅い時間になると、メニューの選択肢がどんどん少なくなる仕組み。

水揚げによって変わるので「ある日の~」という注意書き入りの写真メニュー。
110211A4.jpg
”店長おすすめ”は波魚波定食、ということなので、迷わずこれを注文。


こちらがこの日の波魚波定食。
110211A5.jpg
お刺身は、金目・ぶり・あじ・むつ・きはだ・あおりいか。ミニフライは、いなだ。小付けは、小いわしの南蛮漬け。汁物は地魚あら汁でした。

お刺身は、豪快というかアバウトというか(笑)ものすっごく分厚くて、ものすっごく大きいです(^^;  一口でなんて無理~なサイズ。 だけど、脂ノリノリのブリトロといい、とろっと甘い金目といい、食べ応えも味も最高、絶品です!
ミニフライはサクサク揚げたてだし、南蛮漬けはほどよい酸っぱさだし、あら汁にはたっぷり身のついたアラがごろごろ入ってるし。

全部食べ終わると、お腹が苦し~いくらい。
お値段は2000円と数字的には安くないけど、あの内容で2000円は量でも質でも激安でございます(^-^)v

機会があれば、また食べに行きたいな~


ちなみに、ちょっと心配してたw接客応対は、すっかり手馴れて大変スムーズでした。

2011/02/15(火) 23:50 | コメント:0 | トラックバック:0 |
ラーメン激戦区神保町に1月にオープンしたお店。
お向かいが常に大行列のうどん屋丸香で、ほんの数百mのところに行列必至のつけめん北かま、ついでにごく近くに安さが売りのラーメン屋があるという立地。 なので、しっかりとした好印象の個性が無いと、前にここで営業してたラーメン屋同様に(笑)、長続きはしないぞなもし、と思いつつ訪問。 平日ランチタイムで、中はガラガラってあたりで、すでに引き気味になりつつも…(^^;

110204A1.jpg

入ってすぐに券売機。
つけ麺がメインのお店で、つけ汁を辛くできるのが特色のよう。 
だけど、初めてなので基本の普通味のつけ汁の温つけ+あつ盛り+味玉にしました。

1階は厨房+カウンター席で、2階にも席がある模様。
注意書きを見ると、太麺だから茹で時間が10分くらいかかるとのことなので、席についてケータイでもと取り出したら、ものの数分もたたずに麺とスープが出てきた(@_o;  あまりに客がいないもんだから、券売機で買った瞬間に茹で始めたんだろうな。

110204A2.jpg

ま、とにかく。
麺は黄色く、ぼつぼつと何やら入っている太麺。 個人的にはちょっと見た目苦手なんですよね、こういう麺((((^^; 
つけ汁は、うっすら緑がかってて、さらに2歩ほど、引きつつ味見。甘めの魚粉系っていうんですかねぇ、酸味もこってり感も無く、見た目の割にえらくさらっとしてて、正直つけ汁としては薄くてあっさりしすぎ。辛いつけ汁のほうがこの店の売りなのかもしれません。中にメンマと棒状のチャーシューが沈んでました。 麺は太いだけあって、もっちもちで食べ応えあり。
トッピングの海苔とほうれん草、それに追加の味玉は別皿で提供されて、好みに合わせて入れられるようになってます。味玉が冷蔵庫から出しただけの冷え冷えで、しかも固ゆでだったのが残念その1。
卓上には、にんにく・豆板醤・醤油・ラーメンだれ・胡椒・ごま等が置かれ、さらに好みの味に調整できる、と。 〆の割スープも、卓上のポットで提供されてましたが、ぬるかったのが残念その2。

で、総評。
まづくはない、と思いますが、いかんせん、これで800円はちと高い。ショバ代と多すぎる店員のせいなんだろうけど、この激戦区でこの程度の個性じゃ薄くて目立たないし、おまけに高いんじゃ、完全に負け組になりそうな予感。 もうちょっとがんばりましょう、かな。

2011/02/04(金) 23:11 | コメント:0 | トラックバック:0 |
富戸ダイバー有志(笑)の、年末恒例行事その2。
    手打ち蕎麦の会開催。
今回も、富戸食品部部長の綿密な計画と、本格派こだわりの手作り夫婦の周到な準備のもと、のんびり風呂を楽しんでる間に行動開始。
 101229A1.jpg

決まった割合でそば粉と小麦粉を混ぜ、それに湯と水を加えたら、捏ねて捏ねて捏ねたおす。
101229A2.jpg 101229A3.jpg 101229A4.jpg

最初は水が全然足りなくてちっともまとまらない感じだけど、そのうちにキレイにまとまってきます。

まとまったそば玉を、麺棒できっちり伸ばして、職人の上手な包丁さばきで細い蕎麦状に切るっていうのが手打ち蕎麦の見せ所… でございますが。  

ここで文明の利器『パスタマシーン』を使うのがポイント。
捏ねた玉を適当に分けて、適当に伸ばしたものをパスタマシーンで、みろーんと薄く延ばして。

101229A5.jpg 101229A6.jpg

薄くなった生地を同じ太さに切るのだって、パスタマシーンなら楽々~。
(実際にやってみると、それなりの苦労はありますが ^^;)
 101229A7.jpg

できあがった蕎麦は大鍋の湯でぐらっと茹でて、熱々の具沢山汁でいただきまーす(^O^)

101229A8.jpg

写真は撮らなかったけど、そばつゆにつけてズルズルっていうのも、もちろん堪能。
超美味でございました。

2010/12/29(水) 20:08 | コメント:0 | トラックバック:0 |
富戸ダイバー有志(笑)の、年末恒例行事その1。
    餅つき開催
富戸食品部部長の綿密な手回しと指揮のもと、餅つきの準備は着々と進み。

餅米が蒸しあがるのを待つ間に、ちょうどよく登場したソニアのミニスカ・サンタさんに歓声をあげてみたり、富戸ご近所の方々ご提供のみかんを食べてみたり。
  101228B1.jpg 101228B2.jpg

餅米が蒸しあがると、餅つき開始~。

  101228B3.jpg 101228B4.jpg

こねこね、ぺったんぺったんしてると、餅米はどんどん滑らかなお餅に変化。

  101228B5.jpg 101228B6.jpg

つきあがったお餅はちぎって適当に丸めて、持ち寄ったトッピングでぱくぱく。 

101228B7.jpg 101228B8.jpg

ウマー(^^)
食べるのに夢中で、写真撮影を思い出したのは、ほぼ終了間際(^^;;;;

  101228B9.jpg

〆の熱々お雑煮も美味しかった~。

パックのお餅だと、1食でせいぜい1切れしか食べないのに、つきたて餅だと美味しくていくらでも食べちゃう~。

2010/12/28(火) 23:45 | コメント:0 | トラックバック:0 |
黒ねこ時計 くろック D03
検索フォーム
DrecomRSSリーダー
ブロとも申請フォーム
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。