プロフィール

おかねこ まお

Author:おかねこ まお
閉鎖した”どぶろぐ村”から疎開してきました。

小さなサムネイルはクリックすると、少し大きな写真が表示されます。

※過去ログ保管庫


【管理画面】



雨雲の動き
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--(--) --:-- |
新店ではないんだけど、何となく今まで入ってなかったラーメン屋さん。
とんこつで、「コラーゲンたっぷりの養生スープ」というのが売りらしい。とんこつなのに、店内が全く臭わないのには拍子抜け。(いや、臭すぎるのは苦手なんだけど ^^;)

メニューは、百歩ラーメン、醤油とんこつ、赤百歩、味噌、もやし、塩つけ麺。チャーシュー飯や明太ご飯などのオプション、トッピングがいくつか。食券式でした。

今回は、基本の百歩ラーメン(\500)に、トッピングの味つけ玉子(\100)を追加。

100128A1.jpg

大変シンプルです。
まっ白な白湯スープに、具はチャーシューとめんまと海苔が1枚だけ。

100128A2.jpg
だけど、テーブル上に刻みネギと辛子高菜がどどんと置いてあって取り放題なのはすばらしい。(^^)b
他に卓上調味料として、ニンニク・豆板醤・酢・胡椒・一味が並んでいました。ついでにランチタイムは半ライスが無料なのでお得です(今回は辞退)。


で、お味のほうは。
麺は、博多ラーメンのように固さを選べるようになっており、バリカタまでOK。だけど細麺じゃなくて、中太麺です。(中太でバリカタって美味しいんだろうか?) 今回は初めてなので普通を選んだら、ごくごく普通の茹で加減(^^;でした。
白湯スープは、ホントに豚骨?と思うくらい、臭いもなくあっさり系。思ったよりも脂分少なめで、大変飲みやすいです。途中からネギや辛子高菜を加えて、味を変えられるので、最後まで飽きないのもよろし。ただ、人によっては物足りないかも。
具のチャーシューはほろっと軟らかく、味付け玉子もほどよく半熟で美味。メンマがやや甘めの味付けだったのだけは残念。海苔はあってもなくても。

全体としては、誰がいつ食べても何度食べてもうんざりしない、そんなやさしい感じのラーメンでした。ただし、超がつくほど個性的なラーメン屋がしのぎを削る神保町ではイマイチ影が薄いようで、ランチタイムでも行列無しってあたりが、ちと心配(^^;。

スポンサーサイト

2010/01/28(木) 18:17 | コメント:2 | トラックバック:0 |
izer
輸入者:株式会社アクシス
採水地:マレーシア セランゴール州バラゴン
製造者:ROウォーター社

なんて読むんですかね? ”いざー”?”あいざー”?

100126A1.jpg

ミネラルウォーターかと思ったら、『逆浸透膜ろ過システムによって精製された純度99.9%の純粋です』とのこと。飲用精製水と言うらしい。『NASAの宇宙飛行士がスペースシャトルに持って行ける唯一の水』なんだとか。へええ。
『硬度2mg/L』ということは、きわめて軟水。味も素っ気も無い水なのかしらん。

と想像しながら飲んでみた。

えー、まぁ、水です(^_^; 素直に水。単純に水(シツコイ)。
ほんのり甘さを感じるのが少し不思議ですが、後味も何も無く、とてもまろやかにすーっと身体に染みていく感じの水でした。精製水って、意外と美味しいんだなぁ。

250mlで¥100という値段がネック。

2010/01/26(火) 19:10 | コメント:0 | トラックバック:0 |
クリスマスや桜だとかのイベントシーズンにキラキラしてるのは知ってたけど、なーんにもイベントの無さそうな今の時期でもキラキラしてるんだなー、と。

公園入口。
100124A1.jpg
動物園をモチーフにしてるようで。
片隅に「うえのにパンダを!」のアピール看板がありました。気持ちは分かるけど無理でしょうね。

西郷さん像の横の木。
100124A2.jpg 100124A3.jpg
時間とともに、色が変わりなんとも華やかなことに。
西郷さんはその横で、明かりに照らし出されることもなく静かに闇に埋もれていました。


2010/01/24(日) 22:50 | コメント:0 | トラックバック:0 |
京都一夢庵武家ようかんです。
武家最中と同じパターンで、外のパッケージに家紋が入ってる一口ようかんです。

お味のほうは全8種類あって、よし、全味制覇だ~と思って注文したつもりが、届いてみたら1種類忘れてた(^^;。 ま、いいんだけど。

100123A1.jpg

写真の後方にある黒ベース3つと真ん中右の黄ベース1つの計4種は、中のようかんの味と外側のお武家様の家紋の組み合わせが決まっている、コンビニ売りのもの。こちらはお武家様にも家紋にも何の思い入れはなく、全味制覇のため購入。

残りの3つは、外側のパッケージが掛け替わるだけなので、好きな家紋とお味の組み合わせを選べるようになっています(基本的に通販専用)。家紋の種類はたいそう多く、メジャーどころはほぼ揃ってる感じ、かな? 「歴女の皆様、どなたでもいらっしゃい」という広い間口を感じます(笑)。 



さて、いくら”外側が重要(爆)”であっても、食品ですのでホントに重要なのは中身。さらっと、お味の紹介なぞ。

家紋と中身の組み合わせを変更可能な3種類はこちら。
①”芋”
ほっくりとしたさつま芋を糖蜜で固めたような羊羹。かなり甘いけど、サツマイモの優しい味も十分感じられます。
②”抹茶”
香りはすごくよいんだけれど、贅沢を言えば、もう少しほろ苦さがあればいいのにな-。ちょっと甘すぎかも。
③”ほうじ茶”
この手の羊羹では初めて見ました。食べると確かにビックリするほどほうじ茶風味で、甘すぎずしつこくもなく、お茶にも牛乳にもコーヒーにもよく合って、意外な美味。素朴な味というのがいいのかな。この3種の中では一番美味しい。

こちら3種については、同じパターンで「幕末ようかん」という新撰組隊士や幕末志士の名前と家紋の入ったモノ、「三国志羊羹」という三国志の英雄の顔がデザインされたモノも販売されており、そちらの方々好みにも対応(笑)しております。



家紋と中身の組み合わせが決まってる4種類はこちら。
④織田信長 ”栗”
あっさりとしたこし餡に、栗の破片が入ってるタイプ。この手の一口羊羹としては、こし餡部分の甘さが大層控えめで、とても美味しい。(餡子少なめで原材料費をおさえてるのかもしれないが ^^;)栗はもうちょっと軟らかいほうがよかったかも。
⑤豊臣秀吉 ”柿”
白餡に柿ピューレが入ってるようですが… これは柿なんでしょうか? いえ、美味しいには美味しいんですけど、柿かと言われると、何とも言葉に詰まる(^^; 柿うんぬんを置いておけば、なんとなくフルーツっぽい羊羹という感じ。色は柿っぽい渋めのオレンジです。
⑥徳川家康 ”白あん”
甘いっ 甘いっ! 
⑦前田慶次 ”柚子”
白餡に柚子ジャムが入ってるそうで、色は若干黄色い青緑。青柚子をイメージしてるのかしら。
一口ぱくりとした瞬間は「単なる白餡?」だけど、噛みしめると広がる柚子の香りがすばらしい! やや酸味があるせいか、なんとなく柚子胡椒っぽいけど決して辛いことはありません(^o^; 大変美味しいです! 

買い忘れたのが⑧直江兼続”練”
味にもお武家様にもインパクトが薄かったもんだから、うっかり見落としたらしい(^_^;

2010/01/23(土) 01:29 | コメント:0 | トラックバック:0 |
予定では 1/2 に潜り初めとなるはずが、頼りにしているIOPの主が風邪でダウンしたため、この日に延期となりました。例年通り、En前に御神酒を撒いて、今年一年の安全ダイブを祈願。

100110A1a.jpg

天候は快晴。風は冷たいものの、日射しが強いので、休憩中はたっぷりひなたぼっこしてればポカポカ暖かでした。海は IOP らしくうねりありで、ややだっぱん気味。前日は潜水注意だったようなので、それに比べれば回復傾向。

100110A1b.jpg  100110A1c.jpg

水温は、いよいよもって14度。なのに、透明度が悪いったら! 砂地まで降りれば10mちょっと見えるけど、浅場は浮遊物が多いし、まっ白だし、この時期・この水温にしてはヒドイのなんの。

オオモンカエルアンコウ
100110A2オオモン
En直前に詳しい場所を教わったのに、頼りのお方は「2本目でいいよ~」と行く気無し無し。だけど、Enして一の根にまっすぐ向かうはずが、明らかに違う角度で後ろをチラとも見ずに猛スピードでドンドンと。ピンときて、振り切られてなるものかと(笑)頑張るバディとワタクシ。おかげで無事にオオモンさんを空いてる状態で満喫できました。
当人の弁によると「ちょっと確認」のつもりだったようですが…残りの仲間2人はきっちり振り切られて、一の根で再合流となりました(^o^;。2本目にもタイミングを見て、ゆっくり観察。

ベニカエルアンコウ
100110A3aベニ 100110A3bベニ 100110A3cベニ
頼りのお方のケロ捜索能力のすごさにはただただ脱帽。
壁画にしか見えなかったり、教わってもどこにいるか分からなかったり、どこにいるか分かってもあまりの汚さに顔が分からなかったり(^^;  よくこんなの見つけるよなぁ。

イロカエルアンコウ
100110A4aイロ
送り出しの人気者。
うまくタイミングを読めばじっくり見られるけど、運が悪いとダイバーだらけで何分待ちになるやら。

ジョーフィッシュ
かろうじて見られた(^O^)
バディも仲間も気にせずに(爆)2本ともサークルの側で粘ってみたけど、一度引っ込んだらなかなか出てきませんねぇ。マトモに写真が撮れなかったのが残念。

カスザメ
100110A5aカス
砂地で1人で極小イトコに熱中していたら裾を引かれ、振り向くとバディが、何か遠くを指差して騒いでる。他の仲間が固まってる上を通ってついていくと、悠々と泳ぐカスザメさんが。潜る前に「カスザメもいるみたいなんだけどねぇ」と聞いて、見たいと思っていたので大喜び(^O^) 
「きっと仲間と先に見てて、1人だけ見そびれそうだったワタシを哀れに思ってバディが探しに戻って呼んでくれたに違いない」、そう考えてバディに大感謝しつつ、見終わって浅場に移動中、仲間とすれ違ったときも特に何も合図しなかったのですが。
仲間が見ていなかったと知ったのは、Ex後のことでした(^^; 教えてあげるべきだったのか~。

イトヒキアジ
無減圧時間が厳しくなって浅場に移動するバディを追って、岩陰を覗きながら、ちんたら水深をあげる途中、ふと上を見たら「あれっ?」。 何かがキラキラと。
100110A6aイトヒキアジ
脊髄反射で(笑)BCのエアを全部抜いて、思い切りフィンキックで上昇し、同時にコンデジからマクロレンズを外してケースにしまって、ストロボをOFFにして、視線はイトヒキアジにロックオン … 無意識の行動ってスゴイと後で自分に感心した(^^; 
100110A6bイトヒキアジ
透明度悪々でまっ白な中を、長く糸をたなびかせたイトヒキアジが10匹、スイスイと通過していきました。目の隅にカメラを向けていたダイバーがちらっと見えたので、その人たちも気づいてたんでしょうねぇ。透明度が良ければ、もっとちゃんと見えたのにな。


その他、クエ穴のクエ、マツカサウオ、オルトマンワラエビなど。

エントリポイントへ向かう途中で、偉そうなIOP猫あさりにも会え、良いIOP初潜りでした。
100110A7aあさり


にほんブログ村 マリンスポーツブログ ダイビングへ
にほんブログ村


2010/01/21(木) 01:08 | コメント:0 | トラックバック:0 |
黒ねこ時計 くろック D03
検索フォーム
DrecomRSSリーダー
ブロとも申請フォーム
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。