プロフィール

おかねこ まお

Author:おかねこ まお
閉鎖した”どぶろぐ村”から疎開してきました。

小さなサムネイルはクリックすると、少し大きな写真が表示されます。

※過去ログ保管庫


【管理画面】



雨雲の動き
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--(--) --:-- |
ベルギーワッフルのお店、マネケンがこの夏行っていたキャンペーンが、オリジナル「タンタンの絵皿」プレゼント

100930A1.jpg

店舗でワッフル1個でも買えば応募できる、という敷居のとっても低い(^o^)キャンペーンだったので、応募総数は20,495通だったのだとか。で、当選数は1500。この手では当選確率高いほうかも。

100930A2.jpg
当たったようです(^O^)。



だけど、”タンタン”って知ってるだけで、ストーリーにも絵にもぜーんぜん興味ないんですよね(^^; 
100930A3.jpg
ガラス球かぶってるから、潜水服かと思ったら宇宙服だったらしい。

スポンサーサイト

2010/09/30(木) 23:47 | コメント:0 | トラックバック:0 |
リコリス・オーレア(黄色彼岸花)が全開になりました。

100926A1.jpg

それを追うように、赤と白も開花。

100926A2.jpg


桃色は今年はお休みかな(^^;

2010/09/26(日) 19:25 | コメント:0 | トラックバック:0 |
秋雨前線が日本列島を横断してるわ、南方遠くからは台風がじりじり寄ってくるわ、な、この日の天気図。前日までの激暑な空気と、北から迫る冷たい秋の空気の境目の前線であれば、そりゃあ強烈な反応が起こるわけで。
家を出たのは、青空8割の穏やかでむっとする早朝。それから伊豆に向かうにつれて土砂降りと薄日の繰り返し。大丈夫なのか?と不安になりつつ辿り着いた熱海は、涼しい通り越して薄ら寒く時折ぱら雨。そこから南下すると、ちょうど網代近辺が滝雨。外に出るどころか、前もよく見えんという土砂降り。 しかし伊東まで来ると、これがまったく降ってない。さらに南下して到着した富戸は、むっとする夏の空気に包まれて穏やかな晴れ。 まさに網代で前線を横切ったようだ('o';。
100923A1a.jpg

とはいえ、前線は徐々に南下の予報。さっさと潜るに限る!
朝の海は多少の風波はあるものの、穏やかと断言できるレベルでした。透明度は10m超から時間と共に徐々に白く白く。でもまだ問題皆無。

ところが。昼前にいよいよ前線による嵐がやって来て、時折滝雨に。
100923A1b.jpg

海は今日1日保つと思っていたけど、これは思ったよりも崩れが早いなと思って、少し早めに2本目へ。
100923A1c.jpg

すっかり穏やかでない(>_<)。空もすっかり暗灰色。
でもまぁIOPのフツーに比べれば、Enにはなーんの問題もないレベル。
だけどEnしてみれば…すっかりかき混ぜられて、透明度5mくらい? さらに時間と共に、みるみるうちに悪くなり… 
潜ってた時間は1時間弱。その間に、一気に浅場(10m以浅)での視界がゼロになりました。文字通り、伸ばした手の先がやっと見える程度で、真っ白な豚骨スープの中にいるかのような。目印の岩どころか、ようやっと辿り着いたExロープだって手で掴むまで見えなかったくらい。

顔を出して見れば、すっかりクローズ確実(^o^;な大荒れ状態で、地元ショップのお助け部隊がExを手伝っていました。

いやいや海況が悪くなるとは思っていたけど、こんなに早くに激変するとは想像していなかったなぁ。


で、そんな海で出会った方々。
タツノイトコ、ホソウミヤッコ
100923A2a.jpg 100923A2b.jpg
糸ミミズサイズ、針金サイズです(^o^)。

ネジリンボウ
100923A3a.jpg
元気にホバリングしてました。
嵐は砂の中でやり過ごすんだろうな。

クビアカハゼ
100923A4a.jpg
エビさんは相当深くを掘ってるようで、時々しか出てきませんでした。大荒れ真っ只中なので、無事に嵐を乗り越えてくれるよう応援するのみ。

ヤミテンジクダイ
100923A5a.jpg
名前どおり、闇が好きなようで、岩穴の奥の奥でひっそり暮らしてます。この半透明な肉色っぽい(^^;カラーリングが独特なところがまお的に好み。
図鑑には”稀種”と書かれてますが、結構コンスタントに見てるから、少なくとも富戸では普通種だよなぁ。明るいところに出てこないから、目につかないだけなんだろうか。

メガネスズメ
100923A6a.jpg
嵐で最も影響を受けそう…汗 生き残ってくれ~。


その他、ケサガケベラ、カンパチ群れ、ミゾレチョウ、など。

海はそのまま週末までクローズになりました。


ちゃっちは、パラボラ(違 ^^;)ならぬカラーも紐も外され、すっかり自由の身でしたが、ずーっとDS室内でぐぅぐぅ寝垂れていまいsた。 抱っこしてみたら、「う、重いっ!」(>_<)。
どうやら、”ちゃっちのパパ”宅に滞在中、いつも以上に激甘やかされていたらしい…  見かけからしても、すっかり、たるたる系でぶになってました。


にほんブログ村 マリンスポーツブログ ダイビングへ
にほんブログ村


2010/09/23(木) 23:20 | コメント:0 | トラックバック:0 |
外食麺なら、ラーメンかうどんが基本のワタクシですが、たまには蕎麦屋にも入る(^o^)。

100922A1.jpg

こちらは何気なく裏道を歩いてたら見つけたお店『そば切り 源四郎』
場所柄、江戸風の蕎麦屋が多い中、山形の板蕎麦を売りにしてるのが珍しいです。新しいお店かと思ったら、結構前から営業してるらしい。

お薦めを聞くと、メインの板そばに、温かいきじ汁をつけるのがいいと言われたので、それを注文しました。

100922A2.jpg

麺は、江戸風の細く長くを見慣れた目にはエッと思うほどの太打ちで、そのぶん長さは短め。腰のある、しっかりとした歯ごたえで、つるつるっと流し込むのではなく、噛みしめて食べるタイプのようです。食後に気づいたんだけど、つけ汁につける前にお塩を少しつけて食べると甘みを感じて美味しいと書いてありました。次に来たら試してみようっと。

つけ汁はかなり甘め。ネギとわさびが添えられていました。好みだろうけど、まお的にはもっと辛めのほうが蕎麦に合ってるような気がしました。そば湯を入れて飲むのにはぴったり。

きじ汁は、きじのダシがしっかり出ていながらも、脂ぎっとりでしつこいということも臭みもなく、非常に美味(^O^)。具はきじ肉と長ネギ、そして大根おろし。この大根おろしが、適度なさっぱり感を与えてるのかもしれません。この温かい汁に蕎麦をつけて食べると…ウマーッ!(^O^) 蕎麦自体がしっかりしてるので、ちょっとつけるだけでなく、汁蕎麦状態にしてノンビリしててもノープロブレム。  まさにきじ汁に蕎麦をinした”きじ蕎麦”もお品書きにあったので、もう少し気温が下がったら、今度はそっちを食べてみたい。

店内は4人掛けのテーブル席が4つに、小上がりが1つ。注文を受けてから蕎麦を茹で始めるので、少々時間はかかりますが、そのぶんゆったりできるお蕎麦屋さんでした。花丸


2010/09/22(水) 22:28 | コメント:0 | トラックバック:0 |
陽射しは相変わらず突き刺さるようだけど、日陰に吹き抜ける風が爽やかな、すっかり秋の富戸。地元っ子はまだまだ港に飛びこんで遊んでるけど、いわゆる典型的海水浴って人は激減しました。 
しかーし、この日は連休中日。
覚悟はしていたものの、想像以上にダイバーだらけ(>_<)
100919A1.jpg
夏真っ盛りの頃よりも、圧倒的に多いです。陸上も海中も人でわらわら状態。 ついでに、去年までより格段にシュノーケラーが増えました。これが平気でEn口やEx口をふさいでくれるから、邪魔だったらない。で、そんなファン・シュノーケラーに、明らかにモノ盗りが紛れ込んでるし。むぅぅ。

閑話休題。

海中は朝一は15m以上すっきりで、午後遅くでも10mより悪いことはなく、水温も26度前後と高め安定。深場に降りると、もう一段低い水に入るけど、そちらも夏のように20度切ってるんじゃ(T-T)なんてことはありませんでした。快適な秋の海です。


ちび黒カエルアンコウ
100919A2.jpg
ここらへんにいる、と聞いて探してても、すごく小さいわけじゃないのに、意外と見つからないもんですねぇ。 やはり節穴健在(^^;
100919A2b.jpg
澄んだ青い眼と下まつげ(違 ^^;)がキュートです。

ヒレナガネジリンボウ
100919A3.jpg
ヤシャ復活なら、ジョーフィッシュも復活してるんじゃ?と期待して探したものの、1匹も見つからず。かわりにヒレネジのペアに出会いました。だけど、カメラを向けたら、片方はあっという間にひっこんじゃって残念。

クビアカハゼ+コシジロテッポウエビ
100919A4.jpg
前日、バディが発見したと興奮したメイルを送ってきたので、楽しみにしていたクビアカ。ええっこんなところに!?と驚くような場所で、元気に暮らしてます。サイズはかなり小さめだけど、一度引っ込んでもすぐに出てくる度胸のよい個体です。 カワイイ~(^O^)

メガネスズメ、ミヤコキセン
100919A5a.jpg 100919A5b.jpg
波に翻弄されながらも、ついつい長時間粘ってしまう浅場の華やかスズメ組。この深度だと、大概ダイコンが計測をやめてるので、ここんとこ正確な潜水時間が分かりません(汗)。腕時計が頼りです。

アケボノチョウチョウウオ、チョウハン
100919A6a.jpg
100919A6b.jpg
どちらもバディ発見。トゲとフウライは山ほどいるけど、それ以外は少ないですねぇ。

イソスズメ
100919A7.jpg
個人的には結構好きなんだけど、きっと興味を持つ人はほとんどいないだろうな(^^;
一瞬オキナメジナかハクセンスズメか?と思って、ちょっとガッカリする(爆)魚です。


他には、ブチブー、ムシ・クギ・ケサガケ・キツネ、ツユ等のベラ、カモハラギンポ、シマハタタテダイ、コガネキュウセン、ミゾレチョウ、シマハギ など。



にほんブログ村 マリンスポーツブログ ダイビングへ
にほんブログ村


2010/09/20(月) 16:34 | コメント:0 | トラックバック:0 |
黒ねこ時計 くろック D03
検索フォーム
DrecomRSSリーダー
ブロとも申請フォーム
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。