プロフィール

おかねこ まお

Author:おかねこ まお
閉鎖した”どぶろぐ村”から疎開してきました。

小さなサムネイルはクリックすると、少し大きな写真が表示されます。

※過去ログ保管庫


【管理画面】



雨雲の動き
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--(--) --:-- |
天気も海も朝はイマイチながら、時間経過とともに順調に回復傾向。
101016A1a.jpg
ダイバー出はそこそこ多め。気温が下がってきたせいか、一気にドライスーツ姿が増えました。たしかに、水温はまだ快適レベルなんだけど、曇って風のある陸上で濡れた身体はちと冷える。温泉丸の幸せ度がぐぐんとアップです。
101016A1b.jpg
流木はキレイさっぱり撤去され、いつもどおりの浜。
101016A1c.jpg
何かに再利用するのか、材木になってるものをいくつか港まわりで見かけました。

タテジマキンチャクダイ
101016A2.jpg
見やすい場所なので、すっかり有名魚のようですが、今週も無事に見られました(^^)。
先週はほとんど無かった青い筋が数本増えてるのが成長の証。

フリソデエビ
101016A3.jpg
現在の富戸で一番の人気者、ですかね。
大きいのと小さいのっていう組み合わせがまた良い。

ナンヨウツバメウオ
101016A4.jpg
見やすいサイズで、とてもキレイなツバメっ子が合計4匹。2-1-1で別れがちになるのは、やはり相性とか性格とかそういったものの関係?

アケボノチョウチョウウオ
101016A5.jpg
トゲ・フウライは、もう普通種としか思えないけど、アケボノは断然特別。


そして、この日の一番は何と言っても光りモノ・回遊魚。

ギンガメアジ
101016A6a.jpg
これほどの数が集まったのは、数年ぶり。
なぜか手の届くくらいすぐ近くを群れでぐるぐる回って大サービス(^O^)してくれます。 ピラニアみたく「こいつ食えるかな?」って偵察だったら、いやんですが(笑)。
101016A6b.jpg
近すぎて 28mm の画角じゃ、これで精一杯。この瞬間だけ魚眼とか超ワイドなレンズが欲しかった!

タカベの群れ&ボラの群れ
101016A7.jpg
手前の青に黄色の線が美しいタカベ玉の向こうを、ボラクーダの群れがどやどや通過中。

クマザサハナムロ
101016A8.jpg
タカサゴかと思ったけど、尾びれに黒線が入ってるから、写真はクマザサと判断。
イシモチygの雲の中に紛れ込んでる風だけど、どう見ても馴染んでおらず、数匹でまとまってウロウロしていました。
the タカサゴも数匹入り混じってます。

カンパチ
101016A9.jpg
若者というか子供くらい? せっせとキビナゴやイシモチの雲を襲っていました。
物見高いのか、ニンゲンが好きなのか、単に大きなモノのそばは安全地帯なのか(^o^;、すぐに近くに寄ってきて目の前をうろうろ。 かわいいったらない(^O^)。

写真は無理だったけど、少し沖のほうでスマかマグロが数匹泳ぎ回っている姿も。 エアと時間があれば無限に潜っていても絶対に飽きないと断言できるほどに贅沢な海でした。


その他、カモハラギンポ、ミナミフトスジイシモチ、シマハギなど南国系流れモノ多数に、秋の伊豆定番組も多数。
あまりに楽しいもんだから、2本ともあがる頃にはエアがしぶしぶでまづかった(爆)。

101016A9b.jpg


にほんブログ村 マリンスポーツブログ ダイビングへ
にほんブログ村

2010/10/17(日) 18:37 | コメント:0 | トラックバック:0 |
コメント
コメントを投稿
名前
タイトル
URL
コメント
パスワード
管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

この記事のトラックバックURL
 

この記事にトラックバックする (FC2 blog user only!)
 
この記事へのトラックバック


黒ねこ時計 くろック D03
検索フォーム
DrecomRSSリーダー
ブロとも申請フォーム
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。