プロフィール

おかねこ まお

Author:おかねこ まお
閉鎖した”どぶろぐ村”から疎開してきました。

小さなサムネイルはクリックすると、少し大きな写真が表示されます。

※過去ログ保管庫


【管理画面】



雨雲の動き
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--(--) --:-- |
ここしばらく海が荒れ気味で、お隣はクローズの日々という不吉な話を聞いていたので、土曜も大丈夫かなぁ、危ないかなぁと心配しつつ迎えた朝。
101120A1a.jpg
はたと目を覚ましたら6時。窓の外はうっすら明るく、「あぁ、なんでこんなに早く起きちゃったんだろう…」とぼーっと思って…… ばっちり目が覚めた。 早く、じゃない、大寝坊だっ!(@_o;;; (潜りに行く日の起床時間は4時)

ダッシュで着替えて家を飛び出し、電車内で一番早い経路を検索し時間を金で買い… 無事、1時間遅れで富戸に到着。  海は、そらぁだっぱんで大荒れで(^o^;
ここまでしてクローズだったら泣くなぁと思っていたら、ヨコバマのみ潜水注意でオープンとのことで一安心。 
101120A1b.jpg
浅場はうねうねのだばだばで大変だけど、ちょっと水深を下げれば、ノープロブレムでございました。 透明度は5-10m、水温は19度表示がちらほら。


カミソリウオ
101120A2a.jpg
元々ぺらんぺらんのヒラヒラ魚。うねりに煽られまくってました。

サラサゴンベヒメゴンベ
101120A3a.jpg  101120A3b.jpg
どちらもビミョーに南方系の方々。なぜか隣同士の大岩にくっついていました。
どちらも尾びれに水玉があることでミナミゴンベと区別でき、体の模様にはっきりとした赤い横帯があればサラサ、ブロック状であればヒメと区別できます。(ミナミもブロック状)

ニシキカワハギ
101120A4a.jpg
先週とは別の場所で発見。移動してきたのか、別個体か?

タテキン1号、2号
101120A5a.jpg  101120A5b.jpg
ずーっと1匹しか見てなかったけど、ようやく2匹目に出会えました。 最近あまり行かない場所だったので、出会えなかったようです。 地元ガイドさんたちには、とっくに有名魚(^^; 2号のほうが、少し先行して育ってるようです。

クマドリカエルウオ
101120A6a.jpg
富戸で今一番話題のクマドリ成魚。
うーん、確かにいたけど… 自然にこんなのが登場するってのは、どうも信じがたいなぁ。

ツユベラ大小
101120A7b.jpg  101120A7a.jpg
大きいのは、もうずいぶん長くいるもの。もういい加減成魚カラーになってもいいんじゃない?ってくらい成長してます。
小さいのは、ホントにまだまだちびっこ。色柄のかわいさではこのステージくらいが一番!

ニセモチノウオ
101120A8a.jpg
一期一会だったか~と思いつつ、未練がましく周囲を通るたびにねっちり探しても、やっぱり見つからず。 しかーし。 違う場所で別の魚を追っていたら、目の隅を見たような色がチラリと。 え?、もしかして? そう思って岩と化してしばし。ついにハッキリと確認(^O^)
何匹もって可能性は低いから、居場所を変えたんですかねぇ。


その他、ミヤケテグリ、ミゾレチョウ、トゲチョウ、フウライチョウ、アジアコショウダイ、フエヤッコ、カモハラギンポ、ニラミギンポ、などなど大勢。




なりゆきで衣替えは延期。
海中で19度の数字を見たときは、「これは水温じゃなくて、きっと水深、絶対水深、大丈夫そんなに寒くないんだから」としつこく自分に言い聞かせてしのぎました(爆)。



にほんブログ村 マリンスポーツブログ ダイビングへ
にほんブログ村

2010/11/20(土) 20:25 | コメント:0 | トラックバック:0 |
コメント
コメントを投稿
名前
タイトル
URL
コメント
パスワード
管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

この記事のトラックバックURL
 

この記事にトラックバックする (FC2 blog user only!)
 
この記事へのトラックバック


黒ねこ時計 くろック D03
検索フォーム
DrecomRSSリーダー
ブロとも申請フォーム
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。